短期間の高校留学でも得られるものは多い

  • 高校留学の種類にはどのようなものがあるか

    • 高校留学には、どのような種類のものがあるのでしょうか。
      まず、一つ目は春・夏・冬休みのような長期休暇を利用するものです。語学学校などでは、休暇中に、さまざまな語学研修プログラムを開講しています。


      世界中から子供たちが集まってきますので、語学力だけでなく自立心や協調性、国際感覚などを身に着けることができ、すばらしい体験と成長を得ることができるでしょう。

      短期ではあっても、海外で実際に生活することで見えてくるものは、この時期のフレッシュな感性に大きな刺激を与えてくれます。二つ目は、ボーディングスクールと呼ばれる全寮制の学校へ高校留学するものです。

      多くのボーディングスクールが全人教育を理念に掲げ、文武両道教育を行っています。
      先生と生徒が同じキャンパス内で寝食を共にしながら、人間としてのより良い成長を目指すものです。



      また、ボーディングスクールの多くは、大学進学率の高い進学準備校で、優秀な教員やスタッフが学生の能力や特性に応じた適切な指導を行っており、スポーツや芸術など特定の分野の才能を開花させるのに適した学校もあります。
      語学力に加え、しっかりした学力や広い視野を身に着け、それを生かした大学進学をすることができます。

      NAVERまとめ情報をまとめてチェックしよう。

      三つ目は現地の公立校への高校留学です。公立校は、例えばカナダなどでは国民の9割が公立の高校を卒業していますし、高校留学の受け入れ態勢も整っています。
      公立校の場合は、ホームステイをしながら現地の学生と同様に高校へ通うのが一般的です。


      私立のボーディングスクールに比べ、費用が少なくてすみます。自分の目的や予算などに合っているのか、よく検討して選ぶようにしましょう。



  • 関連リンク

    • 高校留学には、どのような種類のものがあるのでしょうか。まず、一つ目は春・夏・冬休みのような長期休暇を利用するものです。...

    • 日本の高校に在籍しながら、海外の高校に留学をする生徒が増えています。今までは、修学旅行のような感覚で1週間から2周間程度の短期間、海外へ留学するケースがほとんどでしたが、最近では「私費留学」という形で、最長で1年間海外の高校へ留学する人が増加傾向にあります。...