短期間の高校留学でも得られるものは多い

  • 高校留学によって得られるものはたくさんあります

    • 海外留学をすることで、日本では得られない有意義な経験ができ、また、大いに見聞を広めることができます。
      若い時代に海外で学んでおくことは、将来の貴重な財産になること必至です。


      日本では、大学時代に海外留学をする人が多いですが、本来なら、高校生のときに外国での生活を経験しておくことが望ましいです。


      高校留学の場合、高校生ということでのマネジメントがなされますので、生徒の自由は少し制限されますが、逆に、学校が保護する側面がありますので、生活面では安全と言えるでしょう。高校留学に出発する時期は、生徒それぞれで異なっています。
      ほとんどの生徒は高校2年生の夏に出発して1年間の留学をするというパターンをとります。
      高校1年生のときに出願し、その後、準備期間や面談などを行って、2年生から留学するというプロセスをとるケースが一般的です。



      中には、高校3年生の夏から出かける生徒もいます。


      ただし、高校1年生の途中から1年を超える留学はほとんどありません。
      日本の場合、高校留学をしたとすると、大学受験の勉強に影響する部分があります。


      留学を終えて帰ってくる時期によっては、受験勉強の期間が短くなることも懸念されます。

      また、言葉の問題以前に、文化や慣習の違いの壁にぶつかることもあります。



      イギリスに留学した高校生が、イギリスの良い面でのイメージしか持たないで現地に入って、たまたま人間関係での衝突があり、それが元で留学を中断して日本に帰ってきた、という事例もあります。

      もちろん、高校留学によって得られることはたくさんあります。視野が広がり、異質な文化を知り、本当の意味での国際人になれるチャンスでもあるのです。



      高校留学は将来への有効な投資になることは間違いありません。

  • 関連リンク

    • 高校留学には、どのような種類のものがあるのでしょうか。まず、一つ目は春・夏・冬休みのような長期休暇を利用するものです。...

    • 日本の高校に在籍しながら、海外の高校に留学をする生徒が増えています。今までは、修学旅行のような感覚で1週間から2周間程度の短期間、海外へ留学するケースがほとんどでしたが、最近では「私費留学」という形で、最長で1年間海外の高校へ留学する人が増加傾向にあります。...