短期間の高校留学でも得られるものは多い

  • 高校留学を考えている人へ

    • 日本の高校に在籍しながら、海外の高校に留学をする生徒が増えています。
      今までは、修学旅行のような感覚で1週間から2周間程度の短期間、海外へ留学するケースがほとんどでしたが、最近では「私費留学」という形で、最長で1年間海外の高校へ留学する人が増加傾向にあります。



      私費留学とは、自分で留学したい国や地域、高校などを選択することが出来ます。

      基本的には自分の在籍している高校に相談の上、許可を得る必要があります。
      費用は年間で200万円から300万円程度です。

      そんな高校留学には、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

      All Aboutの知識を増やしてみませんか。

      まず、高校生という年齢は吸収力と適応力が大人に比べて高く、語学の習得にも最適な時期でもあります。

      このような時期に高校留学をすることで、グローバル化が進む現代社会に適応しやすくなる国際感覚を身につけることが出来ます。

      また、海外の高校は教育環境に恵まれており、キャンパスの立地や施設も充実しています。

      高校留学でしか受けられない教育も多く、日本の高校では経験出来ないことも数多くあります。その他、色々な国の人と長きにわたって交友関係を持つことが出来るなど、様々なメリットがあります。



      ただ、10代という多感な年齢である上、言葉やカルチャーショックなどの壁も多数存在します。

      留学自体にかかる費用も決して安くはないため、高校留学をすることでどのようなメリットがあるのか、真剣に考えた上で結論を出す必要があります。

  • 関連リンク

    • 高校留学には、どのような種類のものがあるのでしょうか。まず、一つ目は春・夏・冬休みのような長期休暇を利用するものです。...

    • 日本の高校に在籍しながら、海外の高校に留学をする生徒が増えています。今までは、修学旅行のような感覚で1週間から2周間程度の短期間、海外へ留学するケースがほとんどでしたが、最近では「私費留学」という形で、最長で1年間海外の高校へ留学する人が増加傾向にあります。...